店舗で一切の契約カードが使えるわけでもない▼クレジットカード会社の契約店は一般的に、多くのクレジットカードの運営会社に加盟していますが、不便なことに一切の店舗でみなのタイプの所有クレジットカードが切れるんではありません。80-8-120

例をあげていうと古い契約店の際にはJCBのロゴの書いてあるそのクレジットカードしか使用不可な場面もあるし、今日の契約店の場合だとVISAとマスターのマークのついているクレジットカードのみしか使用できないときもあります。80-5-120

銀聯カードといったカードの場合には、増して切れない状況が増えるでしょう。80-18-120

何の印のクレジットカードが使えるかをどのように見分けたらいいものか?「それじゃいかなる方法でどの印の所有クレジットカードが使用可能かというのを見たらいいのか?」という質問ですが正しく見るんだったら該当店舗の担当者にお見せしてみるのみしかないというのが残念ながら正しい答えです。80-12-120

だが大多数の店やショッピングセンターには加入店の分かりやすい場所に決済可能なクレジットカード会社の案内がプリントされた認証ステッカーが貼り付けられている理由から、「そうなんだそこのショップはアメリカンエキスプレスカードが使用できるんだな」というのがわかるようになってるし確認してほしいと思います。80-17-120

反対に、十分に管理が行き届いていない加盟店で決済する場合にはシールが貼り付けられている店舗でも「現在ではお客様のクレカはご使用いただけません」といったような答えをされるなんてこともあるので、メンツを失うようなこともなくもないです。80-19-120

贅沢をいえば可能な限り十分な数の加盟店舗でクレジットカードが切れるようにするためにも、異種のロゴ(欧米圏のロゴ)が書かれている一般的なVISAカード、JCB、ダイナーズアメックス、ライフカード、というようなカードを複数枚財布に入れておくようにするようお勧めします。80-11-120

(例:ライフカードをいつも使っているなら次はアメックス付帯のクレカを持つ等)。80-4-120

特に国内においては、VISAカード、マスターカード、JCBの3つの契約が書かれているクレジットカードをその都度財布に入れておけばほぼすべての加入店舗でいずれかのカードを渡す機会があります。80-15-120

クレカを使用して効率的にキャッシュレス生活を続けるつもりならばしっかりと上記のクレジットカードを使えるようにしておいて損はないでしょう。80-14-120



  • 80-16-120
  • 80-13-120
  • 80-10-120
  • 80-2-120
  • 80-6-120
  • 80-7-120 80-9-120 80-20-120