普通のFXの書籍では、「マイナスになった時にはナンピン買いをすることでポジションの買い付けコストを低くする事が出来る」と助言されていたりする事もありますが、正直ここには目に見えない危険性が待っています。エクスレーヴ 痩せない

最初に、ナンピン買いのロジックに関して易しく記述します。コンブチャクレンズ カロリー

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。コンブチャ

$買いなので円安ドル高になるほど儲けを得られますが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。フレシャス 口コミ

そのままポジションを所有し続けたら損失が回復するまでにはマイナス分ドル高に動く必要があります。塗装 工程

投資家であれば、損失は出来るだけ早く取り戻したい願います。マシュマロヴィーナス 食べ方

ここで最初にエントリーしたのと同額分の$(ドル)を95円で買い増します。クレンジング酵素0 ファスティング

それで、ポジション全体の平均のコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。なかきれい酵素 口コミ

2円50銭の幅で円安に向えば、マイナスを回復できます。マキアレイベル 口コミ

こういったことがナンピンの方法です。ラピエル

このとおり、ナンピンの手法を耳にすると「その通り」と考えたりするが、外国為替市場は容易には問屋を卸しません。

初めから、1ドル95円が下限だとということなど誰一人として分かるわけがありません。

もし、マーケットが円高ドル安トレンドだとしたら95円ではとどまらず、より一層円高が加速する確率が高くなります。

たとえば、97円50銭でナンピン買いをしたにもかかわらず、95円までドル安に向ったら、ナンピン買いした分にも損失が生じます。

そういう状況では最初に保有したポジションと同時に為替差損が生じます。

このように、ナンピンは厄介です。

では、マーケットが自分の脚本とは逆向きにすぐに行ってしまった場合、いかなる手法で危険性を管理すればいいのでしょうか。

こういう状態で選択できる対策は多くはありません。

ひとつは潔く、損切りをすること。

もうひとりはその時に、自分が持っている買いポジションを少なくして改めて為替相場が元のようになるのをじっと待つことだけです。

だいぶ控えめな手法だとみる方もいるkもしれません。

しかしながら、ポジションに差損が生まれた時、一番妥当な手法はこの他にはあるはずがありません。

言うまでも無く、考え方としては、ナンピン買いをする術もありえます。

だがしかしナンピンはマイナスになっている場面で、ポジションを小さくするどころか反対にポジションを積み重ねていく方法である。

この考え方では、危険性を削減することなどどうやってもできないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをし続ければその内利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、その前に資金がショートしてしまいます。



  • 脱毛 失敗
  • 肌ナチュール マツキヨ
  • ラピエル
  • ロスミンローヤル
  • 二重 まぶた