カメラは、気になるものの記録に対して用いられている事が多いと思います。アーセナル

私たちが街を歩いていると、たまにとても気になるものを目撃することがあります。

そしてその情報を、誰かと共有したいことが有るものなのです。

カメラが用いられることが多いのは、そのようなタイミングだと思います。

例えば街の中で、ちょっと珍しいものを見かけたとしましょう。

まずその珍しいものを、カメラに撮影します。

最近のカメラは、インターネット媒体と連動しているものも多いです。

携帯電話にあるカメラなどは、画像のデータを作ることができるものです。

しかもその画像データを、ブログなどにアップロードすることができます。

アップロードすれば、当然多くの方々と情報共有ができる訳なのです。

実際そのアップロードで、ネット上で話が盛り上がる事例はとても多いと思います。

つまり私たちは何か気になるものを記録して、アップロードなどを行うためにカメラを用いることが多いわけです。